続ける事は楽しさが深まる秘訣

~高橋 亮~

車業界には10年、ハイラックスサーフの取り扱いは8年に
なります。

1つの事をこれだけ長く続けていけることに日々感謝して仕事にも取り組んでいます。

趣味ではバンド、バイクとこれも10年以上続いています。

バンドはオリジナルの曲を作って現在も定期的にLiveを
行っています。

「何もない所から曲を作る」ということは非常に大変なことですが、曲として創り上げLiveで披露した時の感動はステージでしか味わえません。

形に残るものはありませんが、「音」をCDにすることで自分たちの作ったものを聞くことは出来ます。

「音楽」は「音を楽しむ」と書きますが、「演奏する」「聞く」「作る」と色んな楽しみがあります。

バンドや音楽を通じて学んだこともたくさんありますし、やっていなければ知り合うことが出来なかった人達も数多くいます。

バイクはBMWのR100RSという昭和のバイクに乗っています。

今まではクラブマン、ドラッグスター、ハーレーと乗り継いできました。

R100を手に入れたときはタンクは外れ、マフラーやバッテリーも無くボロボロでエンジンもまともにかからない状態でした。

宮城県では修理・カスタムできるショップも無く、東京の専門店に全てお願いして生まれ変わって帰ってきました。

当店と似ていて(県外からの持ち込みカスタム)、待っている間は当店のお客様の気持ちがとてもよくわかりました。

東日本大震災により被災したバイクでしたが、今では元気に走ってくれています。

古いバイクでもしっかり整備して、カスタムすることでカッコよく安全に乗ることが出来るんですよね。

そしてバイクの面白さは「走る」「所有する」ということもありますが「カスタム」することも一つの楽しみです。

乗り継いできたバイク達もハンドル、マフラー、シートなど自分の好みに合わせてカスタムしていました。

自分だけのオリジナルカスタムを施すことでバイクに対する愛着も増えていく気がします。

バンドもバイクも「楽しい」「カッコいい」という想いが10年経っても変わらずに続けている一番の理由です。

そしてハイラックスサーフも「楽しい」「カッコいい」という同じ想いでこれだけ長く続けていることが出来ています。

もちろん長く続けてこれたのは1人の力ではなくお客様、スタッフ、協力会社のみなさんの支えがなければ出来ませんでした。

絶版となった今だからこそハイラックスサーフの「楽しさ」「カッコ良さ」をみなさんにご体感して頂きたいと思います。