ペイントについて

ブラック鏡面加工仕上げの他にも当店の塗装には様々なペイントがあります。
数多くの車を塗装してきた技術とノウハウを生かし、様々なお客様のご要望にお応えしています。

マットペイント塗装\350000~

 

鏡面加工仕上げの反対と言っても良い塗装方法で、艶を全く出さないという塗装です。
プラモデルでは戦車や軍物の乗り物などで艶消しの塗料を良く見かけたりしますね。
普段見る機会はあまりありませんが、陸上自衛隊の車なども艶消しのグリーンなどで塗装しています

その独特の塗装は鏡面加工仕上げとは違ったカッコよさがあります。
 

普段見慣れていないというのもありますが、塗装表面の質感や飽きのこない色で塗装することにより上品でもありワイルドなハイラックスサーフを演出してくれます。
ワイルドなボディのサーフですから、マットペイントはとてもハイラックスサーフに似合うと思います。
塗装方法に関してはTOPページでもご紹介しておりますが、とても技術の高い作業が必要とされます
下地処理から各パーツの取り外しはもちろん、やり直しの効かない吹きつけが1番の難しい工程ですが整った設備と技術をもった塗装スタッフがそれを可能にします。

ツートンペイント \350000~
純正

二色の色を使用し純正とは違うツートンカラーに仕上げます。
通常の全塗装と違い、上下に色を塗装しなければいけませんので手間も時間もかかります。
現在は新車でもあまりツートンカラーの設定が無くなりワントーンカラーの車が大半です。

一昔前は、どの車もツートンカラーでしたし、サーフの純正色もほとんどがツートンカラーが多いのです。

当店のツートンペイントは色のラインをハイラックスサーフのボディ形状に合わせて分けています
また場合によっては塗装と塗装の間にピンストと呼ばれるラインを入れます。

このピンストを入れる事により色と色の境目を自然に見せることができます。
お好みのカラーで塗装することができますので様々な色の配色によって雰囲気を変えることができます。

フェラーリレッド×
ブラック

前後バンパー、オーバーフェンダー、リアガラスとサイドガラス周辺をブラックに塗装しその他はフェラーリレッドで塗装

 

ホイールもブラックのタイプをチョイスし、鮮やかなレッドと鏡面ブラックのコンビネーション。

エンブレムは4Runnerに変更したUS仕様。

 
 
ブラック×シルバー
ブルー×シルバー
パープル×シルバー
ブラック×ボルドーマイカ

いかがですか、塗装の分け方によってこんなにも雰囲気は変わります。
まるで国産車とは思えないアメリカンな雰囲気を演出してくれるだけでなく、ラグジュアリーな雰囲気にもなります。

色の組み合わせは自由自在。あなただけのお好きな色でサーフを鮮やかに変身させてください。
 
OTHERペイント \250000~
特殊なペイントの他にもお好みの色でハイラックスサーフをペイントすることが出来ます。
バージンベージュ

バイクの純正カラーであるバージンベージュ。

通常のベージュよりも艶がありメッキホイールとの相性が抜群のオシャレなカラー。

 
USの4Runnerを意識したレッドサーフ
ラグジュアリー感溢れる色のゴールドサーフ
雪のように真っ白なピュアホワイトサーフ

このように様々な色でハイラックスサーフを塗装することが可能です。
印象も色によって大きく変わりますし、色に合わせたカスタムを考えるのも楽しいと思います。

 

 ホイールペイント \20000~(1本から)
当店の塗装技術でホイールもペイントすることが可能です。
 丸い穴が開いたメッキのミッキートンプソンですが、これをブラックにペイントするとこんなにも印象が変わります。
センターキャップがアクセントになってより足元を引き締めてくれます。
ブラックとシルバーのコントラストが印象的なプロコンプ8089もメッキは発売されていますがオールブラックの設定がありません。
こちらもセンターキャップがアクセントになり、ブラックシルバーとはまた違ったカッコよさがあります。